そったくの機

福岡で、よりよい教育を研究中! 教育、子育て、起業、移住、福岡の魅力など。

スポンサードリンク

心理学者のベンジャミン・ブルーム氏によると、「スキルは3つの段階を経て進歩し、各段階につき数年を要する」そうです。 初期に必要なこと 最初の段階で必要なのは、興味のあることを見つけ掘り下げるための、励ましです。これをするには、優しくて面倒見のよい指導者の存在 ...

年末、告知以降楽しみにしていた、テレビ朝日の番組がありました。それが、「無人島0円生活」という番組です。以前は、芸人のよゐこが、無人島で漁をして、それを料理して食べるところがメインの番組でした。しかし、今回は『陸海空』という番組でブレイクした破天荒ディレク ...

正直、どうしたらこの子が今以上に伸びるかと悩むことがあります。すぐに指導の方法が見つからず、考え続けることもあります。「もう伸ばせない」と思ったときは、潔く「ごめんなさい」と言って、退会の道を勧めようとさえ思っています。自分の力不足で、その子の時間と会費 ...

娘が風邪をひきました。病院に行き、薬も飲んだけど、夜になっても熱は下がらず・・・翌朝、起きて、少し動けるみたいなので、みんなといっしょに簡単な食事をします。りんごと飲み物くらい。食事が終わって、歯を磨き、寝床には戻らず・・・プリント取ってきた!?「いやい ...

久しぶりのしっかりしたオフを取り、娘が大好きなイルミネーションを見に行きました。実は大阪で一回行ったことのあるイベント。まずは、市役所前のふれあい広場。なかなか雰囲気出てました。とりあえず、お腹すいたからなんか食べよう!トルネードソーセージ?見た目、面白 ...

未就園児の頃の、世界が家の中で完結しているうちは、良くも悪くもお手本にするのは両親です。だけど、幼稚園に入って以降、もっともお手本にするのは、良くも悪くも「お友だち」です。いい例は、息子の言葉。兵庫から福岡に引っ越してきた瞬間に幼稚園に入園しました。する ...

日に日にサッカーにはまって、ちょっとした専門用語やマイナーな選手の名前も息子が口にし始めました。とは言っても、プレーの方はまだまだ。少し時間があるときに公園で指導しようとすると、小さな壁でも粘り強さを見せる事なく、諦めてしまいます。この段階で嫌いになって ...

子どもたちは年齢が低ければ低いほど、何事にも好奇心旺盛で興味を示します。年中くらいの子を持つお母さんに聞くと、「何かに熱中しだすと声も聞こえなくなる」という子は少なくないみたい。だけど、年齢が上がるにつれて、その興味の幅は限定されていきます。また、「あれ ...

九州大学の学生さんにスタッフとして入ってもらって、一緒に仕事をしています。全員理系で、将来有望な彼らの仕事ぶりを見ていると、ただ勉強ができるというレベルではないことがよくわかります。もちろん学力も高いのは疑いない事実です。だけど、やったことがない仕事に対 ...

とても興味があったし、受験するか否か迷っていたので、説明会に参加しました。その説明会の冒頭で・・・いや、会場に入る段階ですでに答えは出ていました。「受験はしない」と。なぜか??一言で言うなら、「一番嫌いな教育をしていると感じたから」です。会場に入る前の段 ...

先日、うちの事業規模としては大きな投資をしてアウトソーシングしたことがあります。その会社は、上場を目指すベンチャー企業。営業の人も、その他の人も、人柄はとても良いし、コミュニケーションに関してはよく教育されていると感じました。しかし、そのサービスの品質は ...

なんの準備もしていませんが、付属小に興味がないわけではなく。一方で、実際に通うとなると、通学時間がもったいないので二の足を踏みます。ドアツードアで、約50分。たぶんぎりぎり通える範囲だけど、往復2時間を通学に費やすことは、もったいないと思ってしまう。本番の試 ...

最近、九州大学の学生さんと話す機会が多く、いろんな情報交換をしたりしています。その中で、塾の講師をしている子が少なからずいますが、その実態を聞いてちょっとした衝撃を受けました。講義型の授業をさせるのはハードルが高いようで、個別指導を担当することが多いよう ...

Amazonプライム会員だと、会員限定の動画が見られます。 このコンテンツが、かなり優良!最近の中では、この「CAFE SURVIVE」という番組が気に入っています。サッカー選手の本田圭佑が、各界のエキスパートと対談する番組。Jリーグチェアマンの村井満さんとの対談が最初の ...

デジタルネイティブと言われる今の子どもたちは、パソコンだけでなくタブレットなども使いこなせるのが当たり前。スマホやタブレットも単にゲームをしたり、YouTubeを見るツールにしてしまうのはもったいない。導入が難しいなぁと思っていました。でも、やはり突破口は「好き ...

↑このページのトップヘ