そったくの機

福岡で、幼児・小学生へのよりよい教育を研究中! 教育、子育て、起業、移住、福岡の魅力などを淡々と綴ります。

スポンサードリンク

チェーン店に行くより、個人経営のお店に行ったほうが味わえる幸福度は高いと感じるこの頃。残念なのはそういう店ではクレジットカードを使えるところがまだまだ少ないことです。実際に事業をするとわかるのは、まだまだ日本は現金社会だということ。口座引き落としよりも現 ...

テストで100点を取ることが必ずしもいいことでしょうか?前回のテストで90点で認められなかったがために、その倍の時間をかけて、100点を取ることもできるでしょう。でも、半分の時間で90点まで取ることができたことの方が、効率としてはいい学習ができていることになります ...

以前は、考え方が大好きな為末大さんのメソッドの本を買って、ちょっと練習しました。 気持ちと走り方で、速く走ることはできる : そったくの機 でも、意外と動きが高度で、5歳の息子にさせるには続かず。仕切り直してやりたいと思っていたら、情熱大陸に杉本龍勇さんとい ...

子連れでラーメンを食べに行くのは、ちょっとハードルが高いものです。だけど、妻がどうしても食べたいと行って、家族で行ったのが、『らぁめんシフク』。以前初めて行って、翌週も連続で行くほど即ハマったお店。 辺鄙なのに行列していたので確信が持てたラーメン屋『らぁめ ...

時間を短縮したり、作業を早く終えるにはどうしたらいいかと考えることが好きです。そんな効率化大好き人間ですが、子どもたちの学習においては、「速さ」が全てではないとよくわかります。「速さ」「正確さ」を求めることが必要なこともあるでしょう。でも、それ以上に、じ ...

子どもが生まれると、最初はよりよい子育てを目指すと思います。しかし、子育てという事業の、あまりの過酷さに、だんだん最低限のことをすることでいっぱいいっぱいになっていきます。そんな状況では、本を読んでいる余裕もないでしょう。でも、この本だけは読んでおいたほ ...

ランチをどこで取るかということにエネルギーを使いたくないほど、他のことに思考力を使い過ぎていて反省するこの頃。でも、美味しいものを食べると、自然と元気になるんだから、食にもこだわっていきたいわけです。ということで、お出かけ途中に『RAGGRUPPI』に立ち寄ってみ ...

子どもたちが興味につき動かされた時のすごさは、大人の想像を超えていくものです。そうした興味のままに追求し続けて高校生になると、あまりに好きすぎて、時に周りの子どもたちと話が合わなくなることがあるそうです。そんな子たちのためのある種マニアックな学びの場が、 ...

ヤマト運輸の過酷な労働環境について話題になっています。その原因は、ネット通販の宅配扱い量増加。Amazonはじめ、多くのネット通販が送料無料で、翌日納品が当たり前のようになっているわけで宅配業者としてはたまったものではないでしょう。それでも、疲れた表情は見せる ...

我が子を見ていて、これまでのところ、順調に算数にハマっていってくれてように思います。もちろん課題もたくさんありますが。たぶん、この流れで数学も好きになるだろうことは予測がつくので、それはよし。一方で、生業はなんでもいいけれど、「STEM人材」にはなってほしい ...

ある日、妻が一言。「この学習って、親にとっても修行だよね〜。だって、うちでやるにしても、私が宿題のために1時間早起きしているわけだから」そう言われて、「うん、確かに・・・」としか言いようがありませんでした。さらに続けて、「習い事って、ただ送り迎えするだけの ...

イノベーションは、今まで当たり前だった常識に疑問を投げかけることから生まれます。だけど、日本の教育は、常識に疑問を投げかけたり、先生の言うことに「本当に?」とか言うと、一発で印象が悪くなります。最悪、減点を喰らったり、評価にまで響くなんてことも。もちろん ...

最近、我が子がサッカーにはまっています。で、幼稚園で自由帳に書いてきたのが、こんな文字。いやいや、全部平仮名って・・・と思ったけど、クラブ名や選手名をカタカナ表記してあるところを見たことないんでした。テレビ見ながら、「この人は・・・」とか「このチームは・ ...

自宅のインターネット契約が、解約月だったのと引っ越しがあるのとで、解約しました。で、モバイルWi-Fiを検討していると書いた先日。 「モバイルWi-Fi」を比較して、オススメを決めてみる : そったくの機 3月は、過渡期で、自宅のインターネット環境がなくなる月です。その ...

ネタ満載な『下克上受験』。 ドラマ「下克上受験」の担任の先生の意見に全力で反論してみる : そったくの機 受験が近づき、阿部サダヲ扮するパパが、娘に檄を飛ばすシーンがありました。 「何度説明したらわかるんだ!なんでこんなこともできなんだ!」 と。なぜわから ...

↑このページのトップヘ