そったくの機

福岡で、よりよい教育を研究中! 教育、子育て、起業、移住、福岡の魅力など。

スポンサードリンク

良くも悪くも生意気になってくる小学生男子。母親の言うことを聞かないことも増えてきました。学習もダラダラする日もあって、ある日はなんと4時間も!!!は?時間かけすぎ。「そんなにやらんでいいし」って言っても、途中でやめるのは嫌なようです。 そこで、iPhoneのス ...

電車通勤する生き方をしていたら、絶対導入したサービス。それがオーディオブックです。 本を読み上げてくれるサービス。メリットは、 1.本を読まずに聞ける とにかくこれ。本を読む時間はないけれど、ただ待っている、立って作業をしているという時間はあるものです。 ...

先日、公園で子どもと遊んでいる時のこと。公園のすぐ近くにある我が家の玄関先で、小学校低学年くらいの2人の子どもがなにやら中を伺っていました。何をしているのかと、遠巻きに様子を見ていると、玄関を回って庭の方へ入って行きました。「それはダメでしょう!」と思って ...

前にも買いたけど、こちらの本と併せて読むと、とてもいいかも。 2020年の教育改革に備える : そったくの機 基本的な考え方は同じだと思います。齋藤孝さんだから、さすがのわかりやすさ。 新しい学力posted with ヨメレバ齋藤孝(教育学) 岩波書店 2016年11月19日 Am ...

人混みが嫌いなので、ゴールデンウィークは仕事三昧。たまったテレビ番組も片っ端から消費していました。その中で、『プロフェッショナル』で羽生善治棋士スペシャルに見入ってしまった。羽生善治棋士は、30代になって、無謀なことをしなくなったら、勝率が落ちたそうです。 ...

息子が「腹筋」という字を書いていて、「腹筋って何?」って聞いてきたから、「腹ってどういう意味?」「おなか」「筋は?」「??」「筋肉ね。お腹の筋肉」「筋肉って?」「筋肉って人が活動するのに必要な体の一部。メッシとかサッカー選手は筋肉がついてるから、強いシュ ...

自制心。もう圧倒的に、これが大事。算数がどうとか、英語がどうとかは、正直後でもいい。でも「自制心」だけはできる限りつけておく必要がある。これは「べき論」だとつくづく感じます。嫌なことでも、我慢してやり続ける力。飽きてきても、最後までやり遂げられる力。疲れ ...

息子とは趣味が同じこともあり、その話をして盛り上がっているだけでも、関係は強固になり続けている気がします。逆に、リスペクトされすぎるきらいがあるくらいに。一方、娘にはよく怒られます。その多くの場合は、赤ちゃん扱いしたり、子ども扱いしてふざけてからかったと ...

3月中旬から始めた親子で読書ラリー。4月の結果は・・・母:653ページ  8冊父:1553ページ  6冊息子:2078ページ 12冊娘: 331冊(絵本なので冊数のみ)お、みんななんだか頑張ってるな。絵本331冊ってすごいな。息子も小学校入学月の割に検討したんじゃないかな。てか ...

子どもが小学校に上がると、それほど遠くへ行くわけじゃないけれど、一人で行動することが多くなるから、心配でもあります。我が家の場合、自宅に帰ったり、事業所に直接来たりするため、ある程度所在地を把握しておきたいところ。でも、スマホや携帯持たせるまではいらない ...

敵情視察・・・というより、うちが提供しているサービスとは違う内容のところで、我が子がどんな反応をするか純粋に見たかったので。親子で参加できるけれど、最初少しだけ見学した後は、親はほとんど説明を聞いていました。思っていたより、参加者が少ないものだな、と。プ ...

九大の工学部の学生さんと仕事終わりにゆっくり話していました。就職活動中の彼らが、どんな仕事をして何を成し遂げたいのか?まず就活するにあたっては、大手しか受けないとのこと。でも、エンジニアには興味がなく総合職に絞っての就活。その理由は・・・知名度のある会社 ...

息子が国語で学習したことわざ、四字熟語から、たまたま読んだ本がこちら。 ことわざものがたり(1年生)改訂版posted with ヨメレバ西本鶏介 偕成社 2001年03月 AmazonKindle楽天ブックス 各ことわざの話が、わかりやすく説明されて ...

中学受験で国語が難しいと言われる麻布学園の国語教師が読解力をつける方法を語る一冊。 小学生のための読解力をつける魔法の本棚posted with ヨメレバ中島克治 小学館 2009年07月 AmazonKindle楽天ブックス その中で、その先生も驚く ...

読書ブームが来てます!親も子も競って読書量を積み上げてます。ちょっと大人気ないくらいマジで対抗してみるも、まったく歯が立たない感じですが。だけど、子どもたちの読書量が劇的に上がったことで、読解力も一気にあがりました。今までは一人で読めなかった本を、一人で ...

↑このページのトップヘ