プログラムするときでも、英語やタイピングスキルは必要ですね。
キーボード自体がなくなるとかいう噂もありますが、現段階ではまだ先の話。

だから、子どもにつけておきたい力でもあります。
仕事を手伝ってくれそうだし。

そういえば、自分自身はタッチタイピングをどうやって身につけたのだろう?
てか、昔はブラインドタッチって読んでいた気もします。

記憶を遡ると、タイピングゲームでした。
ソースネクストが面白いタイピングソフトを出していたのを思い出しました。
昔は、格闘ゲームっぽいもので習得した気がします。
今は、コナンとかあるみたい。

しかし、Macしかない我が家では、ソースネクストのソフトはほぼ使えません。

Macアプリでも、タイピングソフトがいくつかあります。

中でも、これが使い勝手が良さそう。
のりものタイピング
無料
(2018.07.31時点)
posted with ポチレバ
ホームポジションに関しては無料で練習ができて、単語や文章を入れて練習するなら、720円かかる有料版を買う必要があります。
無料版で、ハマりそうなら有料版を購入という手順で良いでしょう。

ソフト立ち上げ直後、タイピングが反応しないときがあるのが不安ですが・・・

タイピングソフトはあくまで練習なので、そこまで奥行きがなくてもいいので、こんなもんで十分かと。

このくらいなら、自分で作れちゃいそうな気もしますけどね。
全部、内製していたらきりがないので、使えるものはお金を払って使っていきたいと思います。