ユーチューバーになりたい子が増えているらしいです。
そのことについて賛否両論あるみたい。

小・中学生の頃って、リアルに将来の職業を捉えている子の方が少ないはず。
何かになりたいというより、よくわからないから身近な人を挙げているだけだと思います。

調査のトップを見ると、1位:サッカー選手、2位:野球選手、3位:医者。
子どもたちにとって身近でかっこいい人たちが並びます。

ユーチューバーが上位に来ているということは、ユーチューバーが身近だというだけ。
別に大騒ぎするようなことでもないですね。

それよりも、ユーチューバーってそんなに身近になっていることの方が、興味を惹かれます。
何が面白いんだろう?

では、もしも、我が子が
「ユーチューバーになりたい!」
って言ったらどうするか?

今の所ユーチューバーとの接点がないから、言い出さないとは思いますけど。

まず、
「は?何で?」
とはなります。

理由。
ユーチューバーのように、動画を作成したり、何かのパフォーマンスをして、人を喜ばせることが三度の飯より好きというタイプではないからです。

逆にそういうことが好きで、日頃からやっていて、その延長線上にユーチューバーがあるなら、もうちょっと反応は変わるかもしれませんが。

ただ、息子が大人になった時、ユーチューバーってあるの?
とも思っています。
だから、いずれにしろ誰かが作った職業になりたいというのは、今からは肯定できないかもしれませんね。

そういう意味で、今ユーチューバーとして活躍している人たちは、すごい。
だって、数年前は職業としてないような仕事だったわけなので。

我が子も、そんな今はまだ職業名となっていないような仕事をして、価値を生み出せる人になってくれたら親としては嬉しいなと思っています。

これからの時代の変化に、仕事や職業がどうなっていくのか?
ヒントになる本を読んでおくのも、子を導く親として必要かもしれませんよ。
スポンサードリンク